法律家も困ってしまう事件とは

悩める依頼や事件

有罪を無罪にはできない

では、具体的に私たちが出会う法的問題の中で、どのような問題が法律家の頭を悩ませているのでしょうか?

どの法律家にも言える原則ではありますが「有罪を無罪にすることはできません。」

弁護士にやってくる困った依頼で、どう判断しても依頼人が間違っているケースがあります。
もっと困るのはそれを「正しいことにしてくれ」という依頼内容です。

通常、どの法律家もそのような依頼にはNOを突き付けます。
言い換えればそのような依頼を受ける法律家は問題がある、悪徳であると疑うべきでしょう。

法律家は法律の下で常に正しくあろうと努力します。
もちろん彼らも解釈は異なるわけで、機械的判断はできず議論を重ねるわけですが、基本の精神は皆同じなのです。

冤罪は難しい

法律家は正しい判断を必要とします。
そう考えると法律家が悩む問題は簡単に想像がつきます。

「どちらが正しいか分からないケース」です。

その最たる事例として挙げられるのが「冤罪の疑いがある事件」。
私たちに身近にありうるものだと「痴漢」でしょうか。

痴漢は許されるべきことではありません。
しかし、痴漢冤罪というのも同時にクローズアップされています。
この場合、冤罪を引き起こしてしまう原因として、「痴漢の疑いをかけられた側がパニックを起こして主張をしない、または曖昧になってしまう」ことが大きいです。
ましてや一度認めてしまおうものなら、その事実が大きく影響してきます。
いくら弁護士が助けようにも、その場で行った対応までフォローはできません。

法律家が人を助けるには、その人がちゃんとした意思表示と主張を持つことが大切です。
痴漢に限らず、それがない事例では判断自体が難しくなります。
これだけは法律家の制御外です。