法律家も困ってしまう事件とは

対人によるトラブル

依頼人に問題のあるケース

法律家を悩ませるのは事件そのものだけではありません。
冤罪などの、判断のつきにくい事例は当事者の主張がはっきりしていない点が問題となりました。
ただ、主張がはっきりしていても問題になるケースはあります。
それは「当事者の主張が支離滅裂、もしくは明らかにおかしいケース」です。

先程言ったように、法律家は有罪を無罪に、無罪を有罪にすることは許されません。
依頼人の依頼内容がそのような滅茶苦茶なものでは、とてもフォローはできません。

また、主張が論理的に一貫していなかったり言っていることが支離滅裂で理解できない場合も問題になります。
いわゆるモンスタークライアントと呼ばれる人たちです。
論理的に妥当である主張でなければ、主張に信用が持てず、正しい判断ができません。
このケースは弁護士を中心に大きく頭を悩ませています。

相手方に問題のあるケース

当然ながら、依頼人だけが問題になるわけではありません。
特に民事系の問題については相手方、もしくは相手方の弁護士との対人になるので、依頼人の時と同様の問題が発生します。

相手方の主張が支離滅裂だったり、明らかに間違っている主張であってもごり押しするタイプです。
民事のトラブルは基本裁判にならないように法律家は努力するのですが、上記のような相手方だと、結局裁判にまでもつれ込むこともあります。

そもそも法的トラブル解決の基本となるのは「話し合い」です。
これができない人が関わると、事例の難易度に関係なく解決までの道のりは一気に険しくなるのです。

また、横柄な弁護士が相手方にいる場合なども手を焼きます。
どんな職業にも悪徳は存在しますし、問題のある人も存在します。
意外にも法律の知識に依存する問題以上に、対人系のトラブルの方が手を焼くことが多いのが現実です。